info■value.or.jp(■を@に変更してください)

T.M.Revolution「経営と表現の両立」

智慧が価値を創る。

T.M.Revolution「経営と表現の両立」

「歌手・T.M.Revolution」を名乗る西川貴教さんは、「経営者」という、もう一つの「顔」を持っています。

西川さんは、歌手としての「顔」と経営者としての「顔」をのぞかせながら、こうつぶやきます。

 

経営と表現は地続きの部分もありますよ。会社の代表として振舞うというのは、ある意味で表現ですからね。
でも、決定的に違うこともある。

 

何が違うのか?

一言でいえば、

「数字」を理解した、経営に関する嗅覚。

 

最後は自分で決めるから、何かの企画を動かすためには、バジェット(予算)も必要だし、費用もかかることも知っている。
損益分岐点を常に頭にいれておかないといけない。

 

さすが!

ヒット曲を連発し、コンサートを満員にできるアーティストT.M.Revolution、只者ではない!

 

「ネガティブな自分を肯定する」力、西川貴教さんが芸能界で気づいたこと
表現と経営を両立させるということ(BuzzFeedNEWS)

 

 

強い経営の前提に、T.M.Revolutionが指摘する「損益分岐点」の知識は欠かせません。

こうした「損益分岐点」のような「数字」の知識は、誰もが訓練すれば身につけられるものです。

価値創造機構では、「強い経営」に不可欠な「数字」の知識を身につけることができます。

ぜひ一度、お越しください。

場所は、半蔵門駅目の前です。

 

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、

カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例が

たくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

チャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、

ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、

経営者のための勉強会「あされん」、

どなたででもご参加いただける「ひるれん」、

ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん

にも、足を運んでいただけるとうれしいです!

error: Content is protected !!