info■value.or.jp(■を@に変更してください)

「格付け」を良くする方法

智慧が価値を創る。

「格付け」を良くする方法

どうすれば、「格付けアップ」できる?

 

「格付け」は「融資」に直結する、大事な経営課題の一つです。

金融機関がどのように貴社を「格付け」しているか、「格付け」の仕組みを知っておくことは、経営をハンドリングするうえで非常に重要です。

いざというときのためにも、「格付け」の仕組みを知っておきたいものです。

 

「格付け」「債務者区分」により、「融資」の成否が決まります。

より上位の「格付け」であれば、容易に「融資」を引き出せますが、より下位の「格付け」となってしまえば、思うような「融資」を引き出せません。

それどころか、「格付け」次第で経営に行き詰ってしまうことだってあります。

「格付け」は、重要な経営課題です。

 

より上位の「格付け」を目指そう! そのためには、「財務内容を向上」させ、「熱意を伝える」必要があります。

前者「財務内容を向上」させて、「格付け」を引上げる前提にあるのが、「定量的分析」です。

後者「熱意を伝える」ことで、「格付け」を引き上げる基本となるのが、「定性的分析」です。

ご存知だと思いますが、前者「定量的分析」「財務分析」は、決算書をもとに行われます。

「定量的分析」でポイントとなる決算書の項目=勘定科目

売上高、営業利益、経常利益、当期利益、減価償却費、総資産、自己資本、短期借入金、長期借入金、社債

以上10項目の「数字」を健全化できれば、「格付けアツプ」が可能です。

要するに、「良質なキャッシュ・フロー経営」の成否が「格付け」に関わってくるのです。

ポイントは「債務超過の解消」「借入金の適正化」「利益の確保」にあります。

実は、「売上高の増加」は二の次なのです。

もちろん「売上高の増加」も大事ですが、まずは、健全経営を目指す。

そのために、「債務超過の解消」「借入金の適正化」「利益の確保」を確実に行う。

このうち「債務超過の解消」「借入金の適正化」は、一言でいえば「B/S貸借対照表を改善する」ということです。

不要不急の資産を処分し、借入金に代表される負債を減らし、債務超過を解消する。

「貸借対照表の改善」は、短期間で実行でき、即効性ある対策です。

資産を売却すれば、その分キャッシュが増えます。

この売却によるキャッシュを返済原資とし、借入金を減らします。

つまり、キャッシュと借入金を「相殺」する。

この「相殺」で総資産額が減少し、財務指標が良くなるのです。

たとえば、ROA総資産利益率=利益÷総資産。

 

この算式から明らかなように、利益に変化がなくても、分母の総資産が小さくなれば、ROAは改善されます。

同じように、自己資本比率などの財務指標も「相殺」で良くなります。

「数字」が良くなれば、金融機関に「貸出余力」が生まれ、「融資」につながる。要するに、こうです。

売却➡相殺➡数字改善➡融資

 

「利益の確保」には、経営戦略が大きく関わってきます。

中でも重要な考え方の一つが「バランスト・スコアカード」を基盤とする「全体最適」というものです。

「自分だけ良ければ」的な考え方が、世界各地に蔓延していますが、それでは「部分最適」となってしまい、結果として「利益最大化」を目指すことはできなくなってしまいます。

全体を見渡し、バランスに配慮することで「全体最適」が図れるのです。

 

一方、後者「熱意を伝える」ことも「格付けアップ」には、欠かせません。

経営は、経営者次第というところもあります。

「定性的分析」の具体的内容である、経営者の資質、経営方針、販売力、技術力など、将来または長期的に業績に寄与するもの、「数字」で表しづらいものを、対外的にうまくアピールし「熱意を伝える」ことができれば、「格付けアップ」につながっていきます。

「伝える力」が、経営力を高めます。

 

金融機関は、「黒字だから貸す」わけではなく、

「赤字だから貸しはがす」わけでもありません。

「社長の熱意」と「返済能力」を見て、融資を実行します。

 

「数字で話せる社長」を評価し、融資を実行したい。

 

これが金融機関の本音です。

 

「数字」は、コミュニケーションツールです。

 

上手に「数字」を活用することで、「融資」を引き出しやすくなります。

 

幣法人理事長は、長年中堅・中小企業の経営戦略立案を支援しています。

「バランスト・スコアカード」「5WAYポジショニング戦略」をはじめ、

オリジナル戦略立案ノウハウを駆使し、貴社を応援させていただきます。

 

これからの「経営戦略」、

ご一緒に考えてみませんか?

 

 

価値創造機構では、「御社の戦略立案」をお手伝いさせていただいております。

実現可能な戦略を立案し、御社も強い経営を目指してみてはいかがでしょう。

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、

カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例が

たくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、

ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、

経営者のための勉強会「あされん」、

どなたででもご参加いただける「ひるれん」、

ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん

にも、足を運んでいただけるとうれしいです!

error: Content is protected !!