info■value.or.jp(■を@に変更してください)

エステー「企業が生き残る、弱くても勝てる方法」

智慧が価値を創る。

エステー「企業が生き残る、弱くても勝てる方法」

「ニオイのつかないムシューダ」というCMを見たり聞いたりしたことがあると思います。

そのエステー会長、鈴木喬氏が伝授する「弱くても勝てる方法」は、規模の小さな中堅・中小企業にとって重要な考え方の一つです。

 

基本的な考えは、成熟市場のニッチ、ここで生きる。

 

ついつい私たちは、「あれが流行っているから、乗り遅れるな!」という思考回路を持ちますが、大企業に比べ経営資源に乏しい中堅・中小企業では、既存事業を守るのが精一杯。

大企業のようなテンポで技術革新を追い求め、成長市場で戦うことは、なかなな難しいものです。

 

しかし成熟市場は、一定のパイがあり、そこには多くの競争相手は入ってこない。つまり相対的にこちらの方が有利であれば絶対に勝てる、というか負けない。勝つことよりも負けないことの方がすごく重要なのだ。ちょっとしたアイデアで、周辺にいる競争相手を一挙にたたきつぶすこともできる。

 

勝てそうな場所で、勝つまでやる。

こうした経営姿勢が、中堅・中小企業にはとても大切です。

 

企業が生き残る必勝不敗の「弱くても勝てる方法」

(ダイヤモンド書籍オンラインは、登録無料で全文閲覧できます)

 

 一般社団法人値創造機構では、「マーケティング思考」が学べる講座をはじめ、「クロスSWOT」や「5WAY」、「バランススコアカード」などの経営戦略ツールを活用した、貴社のビジネス再構築を支援する「リビルドコンサルティング」*も行っています。

*「リビルドコンサルティング」は、貴社にお伺いし、じっくりお話をお聞きしながら実行するため、限られた数しか行えません。込み具合によっては、お待ちいただくこともあります。ご了承ください。

 理事長は、経済産業省・中小企業庁認定の経営革新等支援機関であり、これまで数多くの事業再構築支援を行ってきた実績があります。
 理事長のほか、事業再構築支援に長けた人脈も多数有しております。
 こちらから、お気軽にお問い合わせください。

 

 

このエステーの考え方は、いわゆる「ランチェスターの弱者の戦略」と同じようなことだと感じました。

中堅・中小企業が勝つために必要な思考回路「ランチェスター戦略」に、「孫子の兵法」と、ソフトバンクの孫正義氏の考えをプラスした「孫の二乗の兵法」を解説した理事長著「経営を強くする会計7つのルール」も、ぜひ、ご参照ください。

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、経営者のための勉強会「あされん」、どなたででもご参加いただける「ひるれん」、ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん」にも足を運んでいただけるとうれしいです!

error: Content is protected !!