info■value.or.jp(■を@に変更してください)

「ゾンビ企業」からの脱出策

智慧が価値を創る。

「ゾンビ企業」からの脱出策

 

 

日本政策投資銀行が、ちょっと変わったタイトルの研究報告書を公表しています。

その名も「いわゆる「ゾンビ企業」はいかにして健全化しのか」。

ゾンビ企業?

ゾンビ企業とは、「再生の可能性がないにもかかわらず、銀行によって生きながらえさせられている企業」という定義。

「ゾンビ企業」の基本的な考え方は、こんな算式で表現できます。

財務データ上の実際の支払利息 < 最低支払利息の理論値

この算式を見ると、日本政策投資銀行銀行が考える「ゾンビ企業」とは、「金利減免を受けている企業」となります。

世の中には、「金利減免を受けている企業」はたくさんありますね。

そうした状況でも「復活できる」「ゾンビ企業から生還できる」というのです。

「ゾンビ企業」から生還するための条件は、3つ。

ゾンビ企業から生還するための3つの条件

①(外生的な)景気回復

②リストラ

③ガバナンス(株主による規律付けと役員のインセンティブ)

興味深いと思ったのは、②リストラについての指摘です。

調査研究の結果、「リストラにもやり方がある」というのです。

・賃下げより、人員削減が有効。但し、人員削減すればよい、という単純なものではない

・不良資産の整理が有効。優良資産を切り売りすると復活できない

・小出しの債務免除は、復活の妨げ。思い切った債務免除のみが復活に有効

なかなか興味深い結論です。

実はこうした結論と同じ指摘が理事長著「経営を強くする会計7つのルール」に掲載されています。

ぜひ、ご一読ください。

 

金融機関は、「黒字だから貸す」わけではなく、

「赤字だから貸しはがす」わけでもありません。

「社長の熱意」と「返済能力」を見て、融資を実行します。

 

「数字で話せる社長」を評価し、融資を実行したい。

 

これが金融機関の本音です。

 

「数字」は、コミュニケーションツールです。

 

上手に「数字」を活用することで、「融資」を引き出しやすくなります。

 

幣法人理事長は、長年中堅・中小企業の経営戦略立案を支援しています。

「バランスト・スコアカード」「5WAYポジショニング戦略」をはじめ、

オリジナル戦略立案ノウハウを駆使し、貴社を応援させていただきます。

 

これからの「経営戦略」、

ご一緒に考えてみませんか?

 

 

価値創造機構では、「御社の戦略立案」をお手伝いさせていただいております。

実現可能な戦略を立案し、御社も強い経営を目指してみてはいかがでしょう。

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、

カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例が

たくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、

ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、

経営者のための勉強会「あされん」、

どなたででもご参加いただける「ひるれん」、

ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん

にも、足を運んでいただけるとうれしいです!

2件の返信

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!