info■value.or.jp(■を@に変更してください)

「融資」が抜本的に変わる!?

智慧が価値を創る。

「融資」が抜本的に変わる!?

金融庁が、金融機関の検査・監督体制を見直しの方向

 

こうした趣旨の報道が、2017年6月あたりからされています。➡たとえば、日本経済新聞社の報道記事

 

「金融監督庁から金融育成庁へ」

 

こうした姿勢変化への対応が、今回の報道につながったと言えるでしょう。

 

報道から見える、金融庁の変化ポイントは二つ。

1.名称変更

 検査局➡モニタリング部
 検査官➡モニタリング・オフィサー


2.新しい手引書の導入

 既存の「金融検査マニュアル」は凍結

このうち2.の動向に、留意が必要です。

新たな動きがあり次第、当WEBなどを通じてお伝えしていきます。

 

金融機関は、「黒字だから貸す」わけではなく、

「赤字だから貸しはがす」わけでもありません。

「社長の熱意」と「返済能力」を見て、融資を実行します。

 

「数字で話せる社長」を評価し、融資を実行したい。

 

これが金融機関の本音です。

 

「数字」は、コミュニケーションツールです。

 

上手に「数字」を活用することで、「融資」を引き出しやすくなります。

 

幣法人理事長は、長年中堅・中小企業の経営戦略立案を支援しています。

「バランスト・スコアカード」「5WAYポジショニング戦略」をはじめ、

オリジナル戦略立案ノウハウを駆使し、貴社を応援させていただきます。

 

これからの「経営戦略」、

ご一緒に考えてみませんか?

 

 

価値創造機構では、「御社の戦略立案」をお手伝いさせていただいております。

実現可能な戦略を立案し、御社も強い経営を目指してみてはいかがでしょう。

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、

カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例が

たくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、

ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、

経営者のための勉強会「あされん」、

どなたででもご参加いただける「ひるれん」、

ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん

にも、足を運んでいただけるとうれしいです!

error: Content is protected !!