info■value.or.jp(■を@に変更してください)

アパホテル「驚異の粗利80%実現法」

智慧が価値を創る。

アパホテル「驚異の粗利80%実現法」

何かと話題の多い、アパホテル。

宿泊された方であればわかると思いますが、部屋はそんなに広くありません。

アパホテルが「部屋を小さくする理由」は2つです。

① 料金が安くなる ➡ 稼働率が高くなる

② 面積が小さい ➡ 環境負荷が小さくなる

こうした工夫で、経営をしているのがアパホテル。

結果、粗利率はなんと80%!

「一般のホテルでは20%が合格ライン」というところを、4倍もの粗利を獲得。

そのカラクリの一つが、レベニューマネジメント(収益管理)にあるといいます。

 

「当社もタリフ(正規料金)はあります。競合ホテルの空室率と単価を見て、需要が強ければ販売価格を上げていますが、上限は正規料金の1.8倍と決めています。そこまでの価格の上げ下げの裁量は、各ホテルの支配人に与えています。稼働率にこだわらなくてもいいから、RevPAR(稼働率×平均客室単価)を高めることを目標とするように指示しています。
その結果、成績の良い支配人は評価して、大型ホテルの支配人を任せるようにしています。」

 

 

アパホテルが意図的に部屋を小さく作っている理由」は、ダイヤモンドオンライン(登録無料)のリンクからご覧いただけます。

 

たとえば、こんな感じです。

・学会などがある場合、通常1万円の部屋が2万円程度で販売

・値上げの判断は、支配人に一任

・しかも信賞必罰。好成績の人物はその後大型ホテルの支配人に抜擢

・これが本人のやる気につながる

・結果、アパホテル側にとって、更なる好循環も期待できる

こうした考え方、いわゆるBSCバランススコアカードに通じる経営手法です。

(BSC目標設定コンサルもお受けしております)

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例がたくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、経営者のための勉強会「あされん」、どなたででもご参加いただける「ひるれん」、ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん」にも足を運んでいただけるとうれしいです!

 

 

error: Content is protected !!