info■value.or.jp(■を@に変更してください)

スタートトレック「インフルエンサーの心得」

智慧が価値を創る。

スタートトレック「インフルエンサーの心得」

今年も「インフルエンザ」が流行していますね。
まだまだ、お気を付けください!

今日は似て非なる「インフルエンサー」のお話です。
「インフルエンサー」とは、「影響力のある人」という意味です。
「インフルエンス」「影響力」の名詞形ですね。

マーケティングの世界では、「影響力」という用語がしばしば用いられます。
たとえば、「売上高」を考えてみてください。
売上高には2つの要素が隠されていることに気づくと思います。

売上高 = 客単価 × 顧客数

つまり、客単価が上がれば、売上高は増えます。
顧客数が増えても、売上高を増やすことができるわけです。

では、「客単価」「顧客数」を増やすには、どうしたらいいでしょう?
その糸口が、インフルエンサーです。
影響力のある人がツイートしようものなら、あっという間に売上高に結び付くというのが、SNS(ソーシャルネットワークサービス)全盛という現代社会です。

ご存知『スタートレック』のヒカル・スールー役が当たり役となった、俳優のジョージ・タケイ氏も、第一級のソーシャルメディアインフルエンサー。
自身は、SNSをビジネスに使わない、と明言しています。
ただ、彼のような「影響力」のある人物が、ちょっとツイートするだけで、あるものが売れたり、売れなかったり、ということもあるのは事実。
私たちは、そういう時代の中で生きている、こうしたことを頭の片隅でちょっとだけ理解しておいた方が、商売をしやすくなると思います。

タケイ氏や彼の周りの住人たちが指摘している、SNS時代の「影響力」を持つために必要な論点を整理してみましょう。

ユーモアのある表現力
コメディの才能
投稿は「本物」でなければならない
文法が大切
言動にコミットする

「ほんもの」の「インフルエンサー」になるには、こうした視点が欠かせません。

タケイ氏のインフルエンサーの心得は、上記リンクからご覧いただけます。

 

タケイ氏のようなカリスマに学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、多くのカリスマが登場し、彼らが大切にする「数字」を使った「インフルエンス」事例がたくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、経営者のための勉強会「あされん」、どなたででもご参加いただける「ひるれん」、ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん」にも足を運んでいただけるとうれしいです!

 

error: Content is protected !!