info■value.or.jp(■を@に変更してください)

「30歳までに上場した経営者は何人?」

智慧が価値を創る。

「30歳までに上場した経営者は何人?」

経営者にとって、目標は様々です。

中でも一番わかりやすい目標が、上場=株式公開=IPO。

上場すれば、「キャピタルゲイン」と呼ばれる多額の資金を得ることも可能です。

 

一方、下記記事の最初に登場する、リブセンスという会社を若干25歳で上場させた村上太一社長は、上場の目的をこう説明します。

「大きい会社を作りたい」

そうであれば、資金も必要です。

そのための上場という選択肢はあると思います。

 

そもそも上場をするには、組織づくりが欠かせません。

様々な規定の作成など、仕組みづくりも必要です。

上場という高いハードルを越えるには、勢いも大切です。

だからでしょうか、若い人たちの中にIPOを目標とする人も増えてきました。

 

30歳までに上場した経営者がどのくらいいるのか調べてみた

 (HR NOTE)

 

但し、勢いだけ、というIPOもあります。

上記記事をお読みいただくとわかりますが、上場廃止になった事例も複数社に及びます。中には、ライブドアのように粉飾決算で世間を騒がした会社や、倒産してしまった会社もあります。

IPO=上場に「勢い」は絶対に必要ですが、しっかりとした組織づくりが欠かせません。

幣法人理事長も老舗企業からベンチャーまで、複数の上場支援の実績があります。

興味や関心のある方、ぜひ一度、理事長の講演会やセミナー等にご参加ください!

理事長の思考回路は「経営を強くする会計7つのルール」で学ぶことができます。

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、経営者のための勉強会「あされん」、どなたででもご参加いただける「ひるれん」、ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん」にも足を運んでいただけるとうれしいです!

 

error: Content is protected !!