info■value.or.jp(■を@に変更してください)

アサヒビール「1本足打法だから成功した」

智慧が価値を創る。

アサヒビール「1本足打法だから成功した」

「足が1本では、リスクが大きすぎる。スーパードライで利益を上げているうちに、2本目、3本目の足を育てておく必要があるのではないか」

アサヒビール元会長兼CEO、福地茂雄氏はこうした指摘に対し、「では、2本足、3本足でどこの企業が成功しているでしょうか?」と切り返したそうです。

その極意は、「ブランドは磨く」ということにあります。

 

新鮮=おいしさ、鮮度管理を徹底的に追及することこそが、スーパードライの成功要因だというのです。

大衆消費財の多くは、トップメーカーやトップブランドが必ず生き残る。

だからこそ、「1番」を目指さなければいけない。

福地氏はこう、力説します。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

スーパードライの「1本足打法」だからアサヒは成功した

(ダイヤモンドオンラインは、無料登録で全文閲覧できます)

 

 

福地氏の「1本足打法」=「1番」戦略は、理事長著「経営を強くする会計7つのルール」でご紹介している「5WAYポジショニング」に通じるものがあります。

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、経営者のための勉強会「あされん」、どなたででもご参加いただける「ひるれん」、ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん」にも足を運んでいただけるとうれしいです!

 

error: Content is protected !!