info■value.or.jp(■を@に変更してください)

EXCELか、脱EXCELか?

智慧が価値を創る。

EXCELか、脱EXCELか?

今回は、EXCELへの評価が大きく分かれる、2つの事例をご紹介します。

 

ヘアケア製品や化粧品などを製造販売するP&Gは、

EXCEL肯定派。

 

「Excelのデータ分析のポテンシャルは、かなり高いものがあります。なぜExcelなんだという声もありますが、分析を行う人たちの多くは、アナリストでもなければデータサイエンティストでもありません。Excelには、データ分析を行うのに必要なものが全て入っています。P&GではExcelがすでに全ての人に配布されており、ユーザーもこれが自分たちにとって必要なツールだと認識しています。最初に正しくシートを作れば、Excelでより高度な分析ができます」

 

 

対して、コカ・コーラは、

EXCEL否定派。

 

「昔はデータ分析にExcelシートを利用していました。しかし、Excelには分析の能力が欠けていました」

 

 

P&GはExcelを採用、コカコーラはExcelではダメと判断―テラデータ「PARTNERS」開催
(エンタープライズジン)

 

 

こうした議論はCAAT(コンピュータ利用監査技法)にも通じるところです。

理事長著『EXCELによる不正発見法 CAATで粉飾・横領はこう見抜く』(中央経済社)は、「異常点を抽出するためにCAATしてみよう、ただいきなりCAAT専用ツールは敷居が高いでしょ、だからあなたも使っているEXCELでまずはどうでしょう」というスタンス。つまり、

EXCEL中立派。

 

ところが、状況はここにきて大きく変わろうとしています!

この続きは、いずれまた。

error: Content is protected !!