info■value.or.jp(■を@に変更してください)

タビオ「いい靴下は噛めば分かる」

智慧が価値を創る。

タビオ「いい靴下は噛めば分かる」

靴下は、履くもの。

決して「噛むもの」ではありません。

 

ところが、世の中には「靴下を嚙む」という人がいます!

赤ちゃんならいざ知らず。。。

大人になって靴下を噛むっていうのは、相当なフェチ?!

 

いやいや、そうではなく、

これは、国産靴下にこだわりを持った人のお話しです。

その人こそ、タビオ創業者、越智直正氏。

 

靴下の弾力を確かめるには噛むのが一番なんですわ。

いい靴下は噛んだ後に歯型が残らず、自然と原状に戻りますが、

品質が落ちる靴下は噛み跡が残ってしまいます。

 
いい靴下は噛めば分かる!

(日経ビジネスオンラインは、無料登録で全文読むことができます)
 

 

強い経営に「差別化」は必要です。

「差別化」には、自社の製品やサービスを自ら試すこともポイント。

 

顧客目線で、試食・試飲・試乗などをする。

そうすることで、顧客の立場で、

不満・不足・不便などがわかるようになるのです。

 

「不」を取り除く。

 

これこそ「イノベーション」の原動力です。

タビオ創業者、越智氏が「靴下を噛む」というのも、

顧客目線で「不」を取り除こうとする姿勢の表れです。

 

その越智氏の座右の銘が、これ。

 

「一生一事一貫」

 

一生を通じて、一つの事を、貫き通す。

こうした考えが、イノベーションの原動力なんだと思います。

 

 

強い経営を実践している経営者に学ぶことは、実に多いです。

理事長著「経営を強くする会計7つのルール」には、

カリスマ経営者が大切にする「数字」の事例が

たくさん取り上げられています!

ぜひ一度、ご覧ください!

 

ダイヤモンド社書籍オンライン

 

様々な取り組みにチャレンジする姿勢に、多くの学びを得ることができます。

中でも「カリスマ経営者」に学ぶことは多いと思います。

カリスマ経営者たちが大事にする「数字」の見方を、

ぜひ「経営を強くする会計7つのルール」で学んでみてください。

よろしければ、

経営者のための勉強会「あされん」、

どなたででもご参加いただける「ひるれん」、

ショートタイムで経営管理のポイントをつかむ「ばんれん

にも、足を運んでいただけるとうれしいです!

 

 

error: Content is protected !!