info■value.or.jp(■を@に変更してください)

資生堂さまにお伺いしました

智慧が価値を創る。

資生堂さまにお伺いしました

資生堂さまで「CAATと異常点」について講義してきました。

 

「通訳付きミーティング」の経験はありますが、「通訳付き講義」は初体験。

自分のしゃべっていることが英語になるのは、ちょっと不思議な感覚でした。

 

ちなみに、海外では「P/L重視」という監査アプローチは以前から変わらずです。

しかし、大半の不正会計の痕跡はB/Sに残ります。

循環取引のような異常点を探るにはP/Lも見なければなりませんが、キャッシュのようにB/Sにしか異常点が現れないものもある、こうした点を事例を交えながら解説しました。

すると、KPMG出身のAUDITORから「B/Sにも関心を寄せる必要性を痛感した」という感想をいただきました。

異常点監査技法の一端を海外にお伝えできたかな、そんな思いがした1日でした。

貴重な体験に感謝。

 

 

error: Content is protected !!