経営を見直してみませんか?

早期経営改善計画策定支援

 

専門家の力を借りて、自社の経営を見直すチャンスです!

☑ 自社の経営を客観的に把握してみたい!


☑ 経営に関するプロのアドバイスが欲しい!

ぜひご相談ください!

「数字」をコミュニケーションツールに、経営改善を行う絶好の機会です。

今なら、中小企業庁の補助もあります(最大20万円)。

 

こんなお悩みを持つ中小企業や小規模事業者にお勧めです。

☒ よくわからないけど、売上げが減少している…


☒ 最近、どうも資金繰りが不安定で心配…


☒ 従業員の士気上げたいけど、なかなか私だけでは…

 

実効性のある経営改善を策定するには、様々なポイントがあります。

基本的な考え方を「経営を強くする会計7つのルール」にまとめました。

経営を強くする会計7つのルール」は、台湾翻訳版も出版されており、

海外でも認められている経営改善の基本書です。

経営を強くする会計7つのルール」ご高覧いただければ幸いです。

 

国が認める「経営革新等支援機関」の支援を受け

資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図など

早期経営改善計画書(中小企業庁イメージ)」を策定し、

経営を見なすきっかけづくり!

 

 

早期経営改善計画【イメージ】

 

「中小企業・小規模事業者」を対象にした、「早期経営改善計画書」策定・モニタリングのコンサル事例をご説明します。

標準的な「実施期間や回数」を教えてください。

「早期経営改善計画書」の策定と、計画策定1年後に実施する「計画進捗状況のフォローアップ」が1セットになります。

「早期経営改善計画書」の策定までに必要となる期間は1~3カ月が標準です。

計画策定期間中、5回を上限に面談・作業を行います。

プラス1回、計画策定1年後にフォローアップを実施します。

計画策定からフォローアップまで、合計6回のコンサルとなります。

計画策定期間中、必要に応じてヒアリング・書類やデータのやり取りを行います。

※ご希望に応じ、お伺いする頻度を高めたり、実施期間を短縮・延長することも可能です(オプション)。

「早期経営改善計画」策定コンサルとはどんなものですか?

「早期経営改善計画書」の策定コンサルのイメージは、こちら

「早期経営改善計画書」のイメージは、こちら

上記「早期経営改善計画書」サンプルは、中小企業庁が想定するイメージです。

当方でコンサルするアクションプラン作成は、BSCや5WAYなどの独自ツールも活用し、貴社にとって実行性ある早期経営改善計画づくりを支援します。

これまでの「コンサル実績」を教えてください。

小規模な組織から中堅企業の事例が多いです。

上場企業(上場準備を含む)や、役所・自治体・公益などの事例も一部あります。

業種・業態は、メーカー、小売、流通、外食、運輸、食品、IT、広告、通信、農業、サービスなど様々です。

というのも、目標設定や経営改革は、どの組織でもありうることだからです。

「数字」を使って、経営を強くしていきたい!

前向きな組織からのご相談をお待ちしております。

「担当者」はどなたでしょう?

コンサルは、担当者の腕次第という側面があります。

他のコンサル事務所等では、初めと終わりだけ「著名コンサルタント」が登場し、実質的な現場は「若手担当者」に引き継ぐ、という事例もみられます。

「早期経営改善計画書」策定コンサルは、すべて幣法人・価値創造機構の理事長・公認会計士の村井直志がお引き受けします。

そのため、1か月のコンサル受注可能件数に「限度」があります。

受注状況次第では、お断りさせていただくこともあります。ご了承ください。

どのような「コンサル内容」になりますか?

「早期経営改善計画書」の策定を目的にしたコンサルでは、2段階でコンサルを実施します。

【第1段階】「早期経営改善計画書」の策定

通常3か月、早ければ着手から1か月で「早期経営改善計画書」の策定を行います。

早期経営改善計画には、次の内容を原則含みます。

 ・ビジネスモデル俯瞰図

 ・資金実績・計画表

 ・損益計画

 ・アクションプラン

※早期経営改善計画書の中小企業庁サンプルは、こちら



【第2段階】「早期経営改善計画書」の進捗状況フォローアップ

「早期経営改善計画書」の策定1年後に、計画進捗状況をフォローアップします。

(*)必要に応じ、改善策を立案します(別料金)。

他コンサル事案では、専門家に計画策定を全て任せてしまう場合もあります。

しかし、これでは実効性ある「早期経営改善計画書」の策定はできません。

実効性のある計画づくりに必要なのは、「当事者意識」の醸成だからです。

「当事者意識」を引き出すのは、ファシリテーター=調整役次第です。

早期経営改善計画書策定をお願いしたいのですが「料金」を教えてください。

ありがとうございます。

「中小企業・小規模事業者」を対象とした「早期経営改善計画書策定」コンサルは、1回あたり@8万円です(1日・6時間まで)。

計画策定期間中、5回を上限に面談・作業を行い、プラス1回、計画策定1年後にフォローアップ、合計6回のコンサル×@8万円=48万円(+税)となります。

補助対象に該当する場合、最大20万円を中小企業庁から受けることができます。

補助対象の場合、実質28万円ほどのご負担で、経営を見直すきっかけづくりが可能となります。

是非この機会にご検討いただければ幸いです。

・遠方の場合、旅費交通費(東京起点)、移動時間拘束代を別途申し受けます。

・「早期経営改善計画書」策定以外の報告書作成費、会場費(貴社もしくは価値創造機構での作業の場合、会場費は不要)は別途申し受けます。

あなたの「経営」「数字」に関する悩みをお聞かせください。

 

 

【参考情報】

 

公認会計士によるコンサルティングの具体的なイメージがわかる「早期着手による事業再生の有用性について」が日本公認会計士協会から公表されました。

上記資料の「Ⅲ 早期着手による事業再生の実際」(P28~P44)を拝読いただくと、これまでコンサルティングを受けた経験のない方もコンサルティングのイメージがわくと思います。ご一読いただければ幸いです。

・フィルム加工業A社

・機械加工業B社

・小売業C社

・遊技場経営D社

・レンタルルーム業E社