執筆・作品制作

物事には「光と影」が存在します。

経営にも「光と影」があります。

だから、「プラスの管理会計」と「マイナスの管理会計」の両睨みで経営を俯瞰する必要があります。

そもそも「プラスの管理会計」の本質は、京セラ名誉会長・稲盛和夫氏の次の名言で表現できます。

 

売り上げを最大に、経費を最小にすれば、儲けが生まれる

 

この言葉を「数字」で理解し、「数字」を経営に活かすことを「プラスの管理会計」と呼んでいます。

ところが経営管理というと、この「プラスの管理会計」ばかりに注目が集まる傾向があります。

たとえば「業績評価主義」という仕組みがあります。

「売り上げを上げた人には、高いボーナスを!」

「売り上げを上げられなければ、賞与カット!」

ルールが行き過ぎれば「売り上げさえ上げれば、いいんでしょ」という弊害も必ず出てきます。

このような「何としても、売り上げが必要だ!」という「①動機」があって、あと2つの要素「②機会」「③姿勢・正当化」がそろって「不正のトライアングル」が完成すれば、粉飾や横領といった「不正会計」もあっさり起こってしまうものです。

村井直志「CAATで粉飾・横領はこう見抜く」(中央経済社)より

タクシーやバス、スーパーやコンビニなど、日頃「現金」と触れる「②機会」が多い商売を考えてみましょう。

勤務する役職員が、何かの拍子に「このぐらいなら。。。」という「③姿勢・正当化」をとれば、現金着服という「不正会計」が行われてしまうのは、想像できると思います。

つまり、「売り上げを最大にできれば、経費を最小にできてしまえば、儲けが生まれるぞ、チャレンジ!」という不正会計が行われてしまうこともあるのです。

だから、「不正会計」が起こらないように「予防」し、異常点を「数字」を使って早期に「発見」する仕組みを備える「マイナスの管理会計」の知識も必要だというのです。

この「マイナスの管理会計」の知識は、組織が大きくなる過程で必ず必要になってきます。

「1000円床屋」で有名なあのQBハウスの創業者、小西國吉氏はこう言い切ります。

 

  大銀行でも不正を働く人はいる。全国にある店を任せる以上、チェックの仕組みが必要。

数字はコミュニケーションツールです。

 

 

テキスト等採用実績

理事長著の書籍は、大学等の「テキスト」「サブテキスト」として採用されています。(敬称略)

東北大学 会計大学院 桑原清幸 2018年度 IT監査

大分大学経済学部 経営システム学科 監査論 越智学 平成29年度(2017年度)(WEB25、P92)

青森中央学院大学 平成28年度教員選定図書 専門学校 教員選定図書②

東北大学 経済学研究科 佐野英明 2016年度 IT監査(P420) 事例研究(監査制度)P435

東北大学 経済学研究科 佐野英明 2015年度 IT監査(P413) 事例研究(監査制度)P429

福井県立大学 経済・経営学研究科

専修大学 商学部

大原大学院大学 情報・統計系 応用・実践科目 IT利用監査

高崎経済大学 藻利衣恵 研究室

法政大学 デザイン工学部 オペレーションズリサーチ

青森中央学院大学 平成24年度選定図書 学院大学教員選定図書(P6)

中央学院大学 2011年度第3回学内選書

一般社団法人ディレクトフォース「中小会社監査役の粉飾決算防止 ミニマムプラクティス」

ほか

 得意なテーマは、「戦略立案」「経営管理」「経営改革」「会計監査」「財務調査」「不正調査」「独立起業」「マーケティング」などの「経営」「数字」に関する分野です。

お気軽にお問合せ下さい。